中国デザインレポート

中国の今のデザインを紹介してます。

ネット通販サイトの春節キャンペーン

髪が逆立ち、容赦なくタッチ(線)が書き込まれた口と目はグワッと大きく開かれ、涙も四方に吹き出してたりして恐怖を感じるくらいの歓喜を表現しています。「100万元(今日のレートで1658万円)無料」が飛び出してきたのですから、無理もありません。

日本ではここまで極端に恐怖を感じさせる広告はクレームの懸念があるので、そのリスクよりは目立たなくていいという論理ですが、中国は逆でそのリスクは少ない目立つというベネフィットに広告主も大きな関心があるのです。

これは中国のネット通販サイト。1号店の広告です。こういったネット通販サービスの広告では届いた瞬間をビジュアライズしたものをよく見ます。確かに通販体験の中では、届いた瞬間が最もワクワクし気持ちが盛り上がるので、その共感をベースにデザインされることがこちらの今のスタンダードのようです。