中国デザインレポート

中国の今のデザインを紹介してます。

シェア自転車の広告

シェア自転車の広告。コピーの意訳は「時間が惜しい?出てすぐにofoの黄色い自転車に乗る」。この自転車のQRコードを専用アプリで読み取るとロックが外れて乗車できる。どこでも乗捨て自由でちょっと乗りたい時にとても便利だ。ちなみに料金は電子マネースマホから支払う。 おそらく日本にはまだこのようなシステムのシェア自転車はないだろうと思うが、思いの外電子マネーでの決済やシェアリングエコノミーは日本のより2歩ほど進んでいるイメージだ。

広告のアイデアはありきたりだが、「ofo」の字形が自転車を横から見た形という面白いアイデアでつけられた名前が秀逸だと感心させられる。