中国デザインレポート

中国の今のデザインを紹介してます。

ケンタッキーの春節デザイン

ケンタッキーの店舗POPです。中国伝統の切り絵で表現された今年の干支、酉のイラストです。主張の強い色鮮やかな色をまとめていますが、特に背景のゴールドが豪華ですね。 裏も福という文字が切り絵のような表現で制作されています。

サンリオが中国ファミをマジャック

今現在、ファミリーマートではサンリオのキャラクターを起用し春節のキャンペーンを開催しています。入り口の左右と上にも中華文化圏で良く見る赤い飾りが付けられています。 店内にはサンリオキャラクターの提灯型POPが吊るされています。外国人アイドル市…

1号店の春節広告3

このネット通販サイトの広告はいつも面白いです。何度かこのブログで紹介いたしましたが今回も春節の広告です。「ウォーリーを探せ」のように1つの絵の中に同時多発的に幾つかの出来事が起こっていて、時間を忘れて見入ってしまいそうな楽しいイラストが使…

M&M'sの春節限定パッケージ

中国でも人気のM&M'sチョレート。こちらもこの時期は春節限定パッケージングで店頭に並んでいます。もちろんセオリー通りの赤と金色で構成です。 その上、本来であればカラフルなチョコが袋から出て来るはずなのに、こちらは赤色のチョコしか出てきません。 …

ネット通販サイトの春節キャンペーン2

これは昨日のデザインの別パターンです。 Archive:ネット通販サイトの春節キャンペーン 相変わらずの劇画調に目を奪われます。「半額セールに乗り遅れるな!」というメッセージでしょうか?そんな叫びが左の車掌さんから聞こえてきそうです。 反則なまでに脚…

ネット通販サイトの春節キャンペーン

髪が逆立ち、容赦なくタッチ(線)が書き込まれた口と目はグワッと大きく開かれ、涙も四方に吹き出してたりして恐怖を感じるくらいの歓喜を表現しています。「100万元(今日のレートで1658万円)無料」が飛び出してきたのですから、無理もありません。 日本…

中国春節限定版 App Storeカード

こちら、中国の春節限定AppStoreカードです。こういう風にAppleが期間限定でパッケージを変えて販売促進をすることは、日本では珍しいのではないでしょうか。ここからもAppleの中国市場に対する積極的なマーケティングが行われているように感じます。 もちろ…

ファミマの春節のPOP

中国では日系のコンビニが進出しており、特に上海で見かけるコンビニの過半数はローソンやセブンイレブン、ファミマの日系といった印象です。 コンビニは言うまでもなく、生活に密接な業態ですからローカルの生活に合わせた営業を行っています。今日ご紹介す…

春節の広告

中華圏では、もうすぐ春節です。 この春節というのは旧暦の正月であり、中国ではこの春節が文化としての新年だと捉えられています。この時期の広告やウエブサイトは、どこも真っ赤になり春節ムードが出ます。ほんとうに赤ばかりなんですよ。これから数日は春…

子供向けの舞台の広告

この広告は子供向けの舞台の広告みたいです。 調べると不思議なことに「百变马丁」は中国で作られたアニメのようですが、キャラクターはスポンジボブやスマーフのみたいに鼻がポコッと出ています。欧米が舞台なのでしょうか。ちなみに「百变马丁」を日本語に…

ライオンキングロゴタイポのローカライズ

上海ディズニーリゾートが開園してから、上海ではディズニーの広告を見ることが増えました。その一つがライオンキング。ある駅の乗り換え通路は、ライオンキングの広告で真っ黄色なほど、大々的な広告展開がされています。 ライオンキングのロゴタイポは少々…

浮世絵のような色彩

ちょっと気になったポスターです。 どこが気になったかと申しますと、床や壁のグラデーションが浮世絵にとても似ています。特に歌川広重の東海道五十三次と比べてみると、何か潜在的なレベルで共通する感覚があるように思います。このポスターは広重の作品に…

初音ミクが中国の広告に!?

ボーカロイド初音ミクが広告にドーンと掲載されています。これはネットニュースサービスの広告で、他にも中国のタレントを起用したバリエーションなどもありますが、初音ミクは中国の“オタク”に訴求したバリエーションでしょうか。 昨年末に公開された、映画…

面白QRコード

こちらECサイトのキャンペーン広告。 先ず注目してしまうのがビルの屋上がQRコードになっている点。このブログで何度か書きましたが、日本に比べ中国ではQRコードを日常的に活用しており、重要なメディアとなっています。 QRコードを多数派のデザイナーのよ…

棒線ピクトグラム

今日は思わずニヤけてしまうくらい個性的なトイレのピクトグラムです。 「男性器」と「胸」といった単純なシンボルは、わかりやすくて中国らしいのですが、僕も含め日本人の感覚では些か露骨で繊細さに欠けるように感じると思います。 気になるのは、女性が…

香港式ミルクティ店の中華風イラスト

見事に真っ赤なイラスト。中華風獅子舞やミルクティー、麻雀牌などのモティーフが描かれ香港らしさを感じさせます。 このイラストは上の写真のようにワゴン車の形をした香港式ミルクティー店に描かれています。お店の看板も香港のアイコンとなるネオンで作ら…

青とオレンジの美しいイラスト

杭州の革製品に特化した商業施設の広告。 イラストが美しくて純粋にいいなと思ったのでご紹介します。補色を効果的に使われていて色のバランスが秀逸。杭州の観光地のモティーフも画面に取り入れている。またパースが狂っているため少々違和感があるのがいい…

シェア自転車の広告

シェア自転車の広告。コピーの意訳は「時間が惜しい?出てすぐにofoの黄色い自転車に乗る」。この自転車のQRコードを専用アプリで読み取るとロックが外れて乗車できる。どこでも乗捨て自由でちょっと乗りたい時にとても便利だ。ちなみに料金は電子マネーでス…

くまモンのショーケース

駅でショーケースに入ったくまモンを発見した。中国でもくまモンの人気は絶大で、スマホケースなどのグッズを持っている人をよく見かける。 写真ではガラスに後ろの広告が反射しているため、見えづらくなっているが、広告の裏の蛍光灯を消すことはできないの…

緊急電話のグラフィック

最寄駅の地下通路で見かける緊急電話。 もしかすると中国産のデザインかもしれないが、この顔と耳のアイコンが可愛くて好きだ。

TSUBAKI

日本でおなじみのTSUBAKIの広告。 上海でも現地タレントや韓流タレントではなく、こじはるとえびちゃんという日本のスターの写真を大きく使った広告になっています。 このように、シャンプーや化粧品などの日系企業の広告は、そのまま日本のタレントが使われ…

QRコードのモニュメント

日本人が多く住む樓上關路街を歩いていると突如として、巨大なQRコードが出現する。これを興味本位でスキャンを試みたが認識はできず、ますます不思議に思う。 QRコードを発明した日本よりも、中国人の方がこれを上手く活用しているように感じる。その証拠に…

日本のライオンも中国で頑張ってます

数多くの日系企業も中国市場で健闘している。 そんな日系企業の1社、「おはようからおやすみまで、暮らしに夢をひろげる」でおなじみライオンの企業広告。 すっきりした感じに仕上げているデザインは中国の広告では珍しい。またコピーの内容が125年を節目に…

溶けるほど速そうなタイポグラフィ

上海の交通ラジオ25周年の広告。 交通なだけに、速さに訴求したデザイン。 「誉れ・光栄」の中国語「荣耀(rong yai)」の 「荣」と同じ発音の「融」でモジって「融耀(rong yai)」。 この「融」には「溶ける」と「流通」の意味があることから このタイポは溶…

偽物レゴに対するレゴの広告。

近頃ここ中国のおもちゃ屋や、レゴの偽物をよく見かける。その見かけの完成度は高く、本物のレゴと見分けがつかない。そんな偽物が出回わる状況で出した「レゴはレゴグループだけが生産するブロックです」という内容の企業広告。 ちなみにその偽物は、ブロッ…

中国風新年の広告

中国らしいビジュアルの広告。中国風な印象を与えているのは、画面を赤で埋め尽くしているからだろうか。日本のお正月の場合はもう少し白の比率が高いだろうと思う。 また、立体的な花モチーフの造形が面白い。5枚の花びらと、新年というヒントから梅の花で…

サーチエンジン搜狗搜索

国内2番手の検索エンジンの交通広告です。 検索窓には「太った?って傷つけないようどう聞けばいい?」と書かれています。 狙いはシンプルで分かりやすいけども、広告のアイデアとして捻りが足りないんじゃないの?って思ってしまったのは私だけではないはず…

アメリカディズニーリゾート旅行

アメリカのディズニーリゾートへの旅行の広告。 上海ディズニーランドが開園したばかりなのに、アメリカのディズニーへの旅行の広告なんて、どんな論理なんだろうか。 上海ディズニー開園の影響で、旅行業会はディズニーリゾートブームなのだろうか。 右の赤…

自動フレッシュオレンジジュース製造販売マシーン

1年前くらいから普及したオレンジジュースの自動販売機。中にオレンジが丸ごとのストックされており、その場でオレンジを搾る正真正銘のフレッシュジュースマシーン。しかし、現地では150mlの烏龍茶は3.8元、レッドブルは9元で販売しているのに対し、15元と…

ピカチュウっぽいケーキ

デパ地下で見つけた、どうもピカチュウから強く影響を受けたらしい生物が乗ってるケーキ。 手が首から生えてるのは、流石に勘弁してあげてほしいし、どう見ても美味しそうじゃないのが、悲しいところ。 世界第2位の経済国になっても、まだまだモノづくりの詰…

提灯の刺繍

楕円と角丸のひし形の2つの提灯が入ったトートバッグ。中国らしさをミニマルに体現していて可愛らしい。

古い中国のマッチ箱

タバコ屋で友達が見つけたマッチ箱。 古い中国の匂いがするデザインですが、かなり粗く作られてますので、このマッチ箱が作られた時代や作り方が読み解けます。

めっちゃ可愛い中華圏アイドル

即席麺の広告のこの子、めっちゃ可愛いんですけど、誰ですか?

Sが上下逆さま

この切り文字、Sに違和感を感じると思えば上下逆さまに付けられてしまっている。タイポグラフィに関心がない職人の小さなミス。 180度回転したいわ。

可愛い中国語タイポグラフィ、聚可爱

ゴミ箱に捨てられていたダンボール箱に印刷されていたロゴタイプらしき文字。 縦長の円、カーブと垂直水平の直線で構成された丸ゴシック系。聚可爱は「可愛いを集める」の意味で、その通り可愛くできています。

クリスマスと正月のモチーフ

商業施設の広告。クリスマスカラーにダイヤ型の背景、90年代3Dの黎明期に見たカクカクしたCGの鶏と、かなりクセの強いビジュアル。七面鳥から理解はできるが、この不思議な組み合わせは、クリスマスと正月を1つのビジュアルに落とし込んだ結果だ。

ハイアール兄弟

中国家電メーカーのHaierマスコットキャラクター、ハイアール兄弟。室外機や冷蔵庫に貼られているのをよく見る。 パンイチでアイスを食べ、親指立てた手を突き出す姿を冬に見ると、頼もしくもあるかな。

上海ディズニーランドクリスマス広告

コピーの意訳は「うっとりするクリスマス、素晴らしい時を一緒に楽しもう」ミッキーとプルートがツリーに飾り付けをして、クリスマスに向けてのムードを盛り上げてます。

不要衣服回収パンダ

いらなくなった服を回収してるパンダ。団地などにたまに設置されている。 決して可愛くないが、高さ170cm程度もありその存在感は無視できない。

もしかしてフォント置き換えらたまま、印刷した?

「新」の文字が変なところにあるし、「芝(チーズの意味)」に至っては言い逃れできない状態に。太丸ゴシックを連想させる。 日本であれば普通、印刷会社のオペレーターは「フォントが見つかりません」のアラートが出たら連絡する場合と思うのですが、中国では…

よくわからないモチーフ

よく分からない男が、よくわからない被り物をして、よく分からないポーズをしてる上海外灘美術館RAMの交通広告。

SNH48の地下鉄ラッピング車両

AKB48の元姉妹アイドル。圧倒的なシェアを持つ韓流アイドルに負けずに頑張っていますが、契約上のトラブルによりグループからの独立を表明したため、完全な日本のコンテンツではなくなったのが残念。髪飾りで名前半分消えてしまってるのが斬新。

PLAY CLASS

新天地で行われたデザインイベント内で見かけたネオンサイン。内容は、子供と一緒に工作をするワークショップ。 黄色がPOPで、丸ゴシックが可愛らしい今日のデザイン。

忍法の料理

日本料理店、隠忍の広告。忍者は世界で日本のアイコンの1つになってることは有名ですが、それを料理店のコンセプトにしようとは日本人の場合、思いついても実際にやらないでしょう。おそらく忍者たちの後ろにあるのは日本の日の丸かと推測されますが、隠の文…